2010年05月28日

<囲碁>山下勝ち、1勝1敗に 本因坊戦第2局(毎日新聞)

 福岡県久留米市のふかほり邸で26日から行われた第65期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第2局は27日午後7時16分、236手で挑戦者の山下敬吾天元(31)が羽根直樹本因坊(33)に先番1目半勝ちし、対戦成績を1勝1敗とした。残り時間は山下4分、羽根6分。第3局は6月8、9の両日、奈良市の奈良ホテルで行われる。

【関連ニュース】
【現地から実況中継】本因坊ダイジェスト第2局2日目

47歳男と娘に逮捕状 千葉・男性刺殺 強盗殺人、放火の疑い(産経新聞)
<築地市場移転>都が土壌汚染見逃し損害 住民グループ提訴(毎日新聞)
防衛技官、女装し銭湯侵入=傷害も負わす、容疑で逮捕―警視庁(時事通信)
鳩山首相、対北制裁措置の検討指示=哨戒艦事件で安保会議(時事通信)
<山陽新幹線>作業員がCO中毒 「六甲トンネル」内で(毎日新聞)
posted by ウヤマ ユウジ at 00:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

「不公正評価で昇給延期」=教諭への賠償命じる―東京地裁(時事通信)

 不当な業績評価で昇給を延期されたとして、東京都世田谷区立小学校の男性教諭(57)が損害賠償などを求めた訴訟の判決が13日、東京地裁であった。青野洋士裁判長は「評価は事実に基づかず、不公正だ」として、都と区に慰謝料など約14万円の支払いを命じた。
 判決によると、教諭は1998年度から2004年度まで、病虚弱児向けの区立施設で勤務。04年度は施設の副園長らから、児童のひいき、大声での叱責(しっせき)などを理由に5段階で下から2番目の評価を受けた。
 この結果、昇給が3カ月延期され、研修受講も課されたため、措置取り消しを求めたが、都人事委が08年に棄却していた。
 青野裁判長は、副園長らの評価を「職務記録に記載のない材料を使っている。根拠を見いだし難い」として、違法と認定。人事委の審理も「事実関係の把握が不十分」と指摘した。 

橋下知事が憲法改正に言及 「議院内閣制変えるべき」(産経新聞)
与党、国会改革関連法案を14日に提出へ(産経新聞)
親子3人はねられ死亡 パンク修理中、トラック突入 中央道(産経新聞)
貴金属など1200万円盗難 1人暮らし女性宅 茨城・守谷(産経新聞)
職員配置見直しを=在外公館業務で勧告−総務省(時事通信)
posted by ウヤマ ユウジ at 12:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

<長谷川等伯展>来場者が10万人突破 京都国立博物館(毎日新聞)

 京都国立博物館(京都市東山区)で開催中の「没後400年 特別展覧会『長谷川等伯』」(毎日新聞社など主催)の来場者数が25日、10万人を突破した。

 10万人目は愛知県一宮市の自営業、入山博之さん(69)で、妻陽子さん(62)と訪れた。佐々木丞平館長から図録と国宝「松林図屏風(しょうりんずびょうぶ)」が描かれたオリジナルバッグを受け取り、「松林図を見たくて来た。びっくりしたけど光栄です」と笑顔だった。

 同展は5月9日まで(26日は休館)。入館時間は午前9時〜午後5時半(29日以降は午後6時半、金曜は同7時半まで)。観覧料は一般1400円、大高生900円、中小生500円。【小川信】

【関連ニュース】
長谷川等伯展:京都でも10日開幕
長谷川等伯展:29万人訪れる 4月10日から京都で
長谷川等伯展:等伯の人間模様紹介 同志社大・狩野教授、特別展に合わせ講座 /京都
長谷川等伯:襖絵、デジタル複製 /京都
非公開文化財特別公開:等伯筆襖絵「商山四皓図」など 24日から /京都

震災時の体制整備、市区町村は6%=自治体の業務継続で調査−内閣府など(時事通信)
22日から急激に冷え込み…気象庁が農作物被害に注意呼びかけ(産経新聞)
多数の刺し傷 京都・伏見の母子殺人 夫の行方捜査(産経新聞)
<香取市長選>宇井氏が再選 千葉(毎日新聞)
沖縄9万人県民大会、首相「民意の表れ」(読売新聞)
posted by ウヤマ ユウジ at 19:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。