2010年06月15日

<掘り出しニュース>「瓶ビールの記憶」 戦前からの80点、ポスターなども 日光の酒店(毎日新聞)

 【栃木】戦前から戦後にかけて、瓶ビールの歩みを振り返る展示「瓶ビールの記憶」が、日光市中宮祠の酒店「洛山晃小島屋」で開かれている。缶に押されている瓶だが、店主の小島喜美男さんは「循環型社会を目指すためにも、瓶が復活してもいいのでは」と話している。

 展示されている瓶は主要メーカーを中心に約80点。酒店を営む傍ら約40年間、収集。また地域で、いろは坂などを清掃した際、見つけたりした。

 戦前の瓶は、栓にワインのようにコルクが使われていたものや、大量生産されていないため、高さが違うなど手作り感があり、興味深い。焼酎メーカーの宝酒造製や、すでになくなったサクラビールなどの珍品と同時に、裏側にコルクが使われていた時代の王冠や故夏目雅子さんや黒木瞳さんを起用したポスターなども展示され、ビール史が見渡せる。

 ビールの消費量が清酒を上回ったのは1959(昭和34)年。1995(平成7)年には缶ビールの消費量が、瓶を追い抜いた。【浅見茂晴】

【関連ニュース】
<ずーっと愛して:ロングセラー物語> エビスビール(サッポロビール) 1890年発売
<ずーっと愛して:ロングセラー物語> サントリーウイスキー角瓶 1937年発売
<昭和毎日>ボンカレー、サイダー、ビスコ…復刻版が続々
幸民ビール:うま〜い 味は幕末仕立て、試飲会に160人
傷害容疑:サッポロビール前社長は起訴せず 福島地検支部

消費税引き上げ「必要」66%…読売世論調査(読売新聞)
鹿児島・宮崎県境封鎖へ、まず曽於の6路線(読売新聞)
首相動静(6月10日)(時事通信)
1年で5000万円を稼いだ「遺言ビジネス」の真髄とは?(Business Media 誠)
<祇園祭>山鉾の胴懸 平山氏の作品「らくだ行」基に制作(毎日新聞)
posted by ウヤマ ユウジ at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。