2010年03月29日

普天間移設案「慎重に検討」=米大使(時事通信)

 ルース駐日米大使は26日午前、岡田克也外相から米軍普天間飛行場移設の検討状況の説明を聞いたことを受け、「米国政府は日本政府の考えを慎重に検討する。日米両政府はパートナーシップの精神に基づき、同盟国として引き続き協力しながら、解決を図っていく」との声明を発表した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<ホンヨモ!セッション>南沢奈央さん、読書の魅力語る(毎日新聞)
首相動静(3月23日)(時事通信)
<ネット人権侵害>過去最多を更新 前年比52%増(毎日新聞)
郵政改革の骨格発表へ=郵貯限度額を引き上げ−政府(時事通信)
埼京線の一部が運転再開、山手線内回りなど運転見合わせ続く(産経新聞)
posted by ウヤマ ユウジ at 14:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。