2010年06月04日

死亡時画像診断の活用で検討会設置へ−厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省が「死因究明に資する死亡時画像診断の活用に関する検討会」を6月中にも設置することが、3日に開かれた「診療行為に関連した死亡の調査分析モデル事業」運営委員会で分かった。

 検討会では、死亡時画像診断の活用方法などについて、実際に使用している病院関係者や関連学会の代表者らが議論を行う。
 同委員会にオブザーバー参加していた同省の渡辺真俊・医療安全推進室長は、「6月中には初回をやろうかということになっている」と述べた。
 同委員会の委員長に同日選任された樋口範雄・東大法学部教授は、「こちらと情報交換をしながらやっていけたらいいと思う」とした。


【関連記事】
死因究明推進法案を了承―自民党合同会議
放射線科医の地位向上に「診療報酬増を」
遠隔画像診断で医療連携推進を―医学放射線学会シンポ
小児や心肺停止搬送患者などにAi実施を−日医委員会
専門医らが「Ai情報センター」設立

「自分が勝つルール」マージャン強要、50万恐喝(読売新聞)
<志摩スペイン村>安全バーに顔打ち、小6男児が骨折(毎日新聞)
梅雨時の洗濯をどのようにしていますか?(Business Media 誠)
県職員が130万円着服=職員親睦会の口座から―宮崎県(時事通信)
代替滑走路8月末にも工法決定=日米合意文書に期限明記へ―普天間(時事通信)
posted by ウヤマ ユウジ at 10:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。