2010年05月14日

「不公正評価で昇給延期」=教諭への賠償命じる―東京地裁(時事通信)

 不当な業績評価で昇給を延期されたとして、東京都世田谷区立小学校の男性教諭(57)が損害賠償などを求めた訴訟の判決が13日、東京地裁であった。青野洋士裁判長は「評価は事実に基づかず、不公正だ」として、都と区に慰謝料など約14万円の支払いを命じた。
 判決によると、教諭は1998年度から2004年度まで、病虚弱児向けの区立施設で勤務。04年度は施設の副園長らから、児童のひいき、大声での叱責(しっせき)などを理由に5段階で下から2番目の評価を受けた。
 この結果、昇給が3カ月延期され、研修受講も課されたため、措置取り消しを求めたが、都人事委が08年に棄却していた。
 青野裁判長は、副園長らの評価を「職務記録に記載のない材料を使っている。根拠を見いだし難い」として、違法と認定。人事委の審理も「事実関係の把握が不十分」と指摘した。 

橋下知事が憲法改正に言及 「議院内閣制変えるべき」(産経新聞)
与党、国会改革関連法案を14日に提出へ(産経新聞)
親子3人はねられ死亡 パンク修理中、トラック突入 中央道(産経新聞)
貴金属など1200万円盗難 1人暮らし女性宅 茨城・守谷(産経新聞)
職員配置見直しを=在外公館業務で勧告−総務省(時事通信)
posted by ウヤマ ユウジ at 12:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。